×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

斉藤淳 口コミ

マウスピースで治療

いびきの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)にマウスピースを使う方法があります。マウスピースを入手する方法は、大きく分けると二通りです。

1つは専門医や歯科医の元で、医療用のマウスピースを作製してもらう方法。

もう1つは、通信販売などで市販の製品を買って、自分で歯型をとって作る方法です。

自分で作る場合には、デメリット(事前に想定することでその規模を小さくしたり、回避したりすることもできるかもしれません)がたくさんあるでしょう。どうしても精巧なものは作れありませんからに効果が低いことや、万が一の事故、誤飲の危険性があること、苦しいために無意識(寝不足だったりすると、保つのが難しくなりますね)に外してしまったり、ぐっすり眠れなくて睡眠不足になってしまった、と言った報告があります。

それに、現実問題として、それほどいびきの解消に効果が期待出来ないということがあるようです。これに比べて、専門医(本や口コミなどを参考にして、自分に合った人を見つけることが大切だといえるでしょう)の診断の元で作るマウスピースは、医療用の器具として、いびき防止に有効であるなのです。

しかし、マウスピースの価格が高く、絶対に効果があると確信できないのに作製に踏み切れないと言ったデメリットもあります。いずれにしろ、いびきで悩むのであれば、いびき外来などで相談してみるのが確実そうです。

 

サイトマップ